ガス器具ショップ株式会社コンロの選び方

元大手ガス器具メーカーの営業が立ち上げた、安心ガス器具ショップ/激安特価のガス器具ショップ

コンロ・給湯器設置工事までワンストップで対応します

コンロの選び方

まずは設置場所を確認しましょう

設置するときは可燃物との距離を確実に離してください。距離が近いと火災の原因になります。(火災予防条例で定められていますので必ず守ってください。ガス器具ショップ/まずは設置場所を確認しましょう

可燃物との距離が守れない場合や表面がステンレスやタイルでも壁の内部が可燃性の場合は必ず別売の防熱板を取り付けてください。防熱板はお買い上げの販売店またはガス事業者にご相談ください。

設置後機器の周辺を改装する場合も可燃物との距離を確実に離してください。吊り戸棚などをつけた場合、可燃物との距離が守れなくなり、不完全燃焼や火災になることがあります。

「右大バーナー」「左大バーナー」って何?

一般に、3口ガスコンロには、炒め物などに適した強火力の「大バーナー」と天ぷらや煮物などに適した「標準バーナー」、奥にある弱火の「小バーナー」の3種類のバーナーが搭載されています。多くの機種で左右どちらが強火力になるか選べるようになっています。(最近では、ハーマンrevorシリーズなど、左右とも「とろ火」~「強火力」や温調機能が使える機種も出ています。)奥にある小バーナーでは、炊飯や煮物など、時間のかかる調理も邪魔にならずにできます。

コンロ設置場所の隣がすぐ壁の場合は、火災や壁の傷みを防ぐため、
壁と反対側に大バーナーが来るようお選びいただくのがおすすめです。どちら側でも良い場合は今使い慣れている側でOKです。


ガス器具ショップ/「右大バーナー」「左大バーナー」って何?

「都市ガス」「プロパンガス」って何?ガスの種類について

ガスの種類

ガス種は、大きく分けて プロパンガス(LPG、LPガス) 、 都市ガス があります。
ガス種が違う機器は、見た目は同じでも内部の部品が異なりますので使用できません。

●プロパンガスは、ガスボンベに入っており、機器は全国共通です。
●都市ガスには種類があります。地域、都市ガス会社により異なりますのでご確認ください。

都市ガスの種類 ガス器具ショップ/都市ガスの種類

13A・12A以外の都市ガスについては、次の「特殊なガス種について」をお読みください。

特殊なガス種について

LPG(プロパンガス)、都市ガス12A・13A以外のガス種は、需要が少ないため受注生産品となります。通常よりも出荷にお時間がかかる場合がありますので予めご了承下さい。
また、P13Aガスはプロパンを原料とした特殊な13Aガスです。通常のプロパンや13A用の機器は使用できません。ご利用のガス会社さんにお問合せ下さい。

ご購入後のガス種の変更について(お引越などでガス種が変わった場合など)

部品を交換することにより可能です。部品代と改造費用が別途必要となります。
ご利用になるガスの供給会社さんにご相談ください。

★ガス器具をご購入の際には、必ずガス種をご確認下さい★
ガス器具は、同じ機種でもガスの種類によってガスの圧力が異なり部品等が異なるため別の品番として生産されています。ガス種を間違えますと不完全燃焼や火災の原因となり大変危険です。必ずご確認のうえ正しいガス種をお選びください。